ラベンダー精油の使い方-ストレスケア編

ここ1・2年ほど、お店にいらっしゃるお客様の傾向では、この急激な環境の変化に、中々、心が追い付いていないという方が多くいらっしゃるように感じます。
実際に、ニュースでの話題も心のケアに焦点をあてたものが、増えてきています。

そんな時、ストレスケアにとても効果的に使用できる精油が、正に「ラベンダー」となります。

ラベンダー・アングスティフォリアは、昔よりヨーロッパでは、何でも使える万能薬のようにして、愛されてきました。
「Lavandula」と名付けられた由来は、「精神の純化」を示す深い意味合いのラテン語の動詞「Lavare(ラバーレ・洗う)」からきています。
古くは経験的な使用により、また現代では科学的な成分の分析により、信頼性の高い精油であることが分かります。

特にラベンダー・アングスティフォリア精油には、「酢酸リナリル」と「リナロール」がとても多く含まれ、心身の不調の改善に効果的に利用することが出来ます。

こちらは「ラベンダー精油の成分」をグラフにしたものです。

(プラナロム・ラベンダーアングスティフォリア精油の成分グラフ)

エステル類の固有成分である酢酸リナリルには、神経系、主として太陽神経叢の鎮静作用があり、ストレスや不眠症などの精神的な不調に対し効果が期待できます。

塗布した場合・吸入などで用いた場合に、エステル類は「神経バランス回復作用」「鎮静作用」「血圧降下作用」などか期待できます。
また、モノテルペンアルコール類の「リナロール」は「抗不安作用」「血圧降下作用」「鎮静作用」が期待出来ます。

心身の不調の場合には、酢酸リナリルなどのエステル類を約40%含む、ラベンダー・アングスティフォリアがとても効果的に使用できます。

また、ストレスケアにはデフューズ(芳香)での利用もとても効果的です。
香りの全ては、嗅覚神経の受容体を通して、中枢神経に働きかけます。

下記のデータは、「2021年6月~2022年6月まで」と「2018年6月~2019年6月まで」の、お店の手作り体験を利用された方のレシピの中で、アロマコロン(ルームコロン)で使われた、精油の上位5番目までの順位になります。

1位 オレンジスィート
2位 ラベンダー・アングスティフォリア
3位 ローズウッド
4位 ベルガモットミント
5位 サンダルウッド
Tk-kota での使用割合 (2021年6月~2022年6月まで)

全体的に、香りが優しいものが上位に来ています。

1位 オレンジスィート
2位 リトセア
3位 フランキンセンス
4位 ラベンダー・アングスティフォリア
5位 ローズ(30%希釈タイプ)
Tk-kota での使用割合 (2018年6月~2019年6月まで)

いずれの期間もラベンダー・アングスティフォリア精油は入っていますが、コロナ感染症が広がってからは、ラベンダー・アングスティフォリアがより上位に入っています。

実際に、直近5年間でのプラナロムの「ラベンダー・アングスティフォリア精油」は、エステル類を36%~45%(平均値)含むため、香りもとてもやさしく、副交感神経を優位にしてリラックス効果がとても高いと思われます。

今では、外出時は常時マスクを使用する習慣が一般化されたために、お客さんの中には呼吸自体が浅くなっている方も多くみられます。
好きな香りは、しっかりと吸い込みたくなり、それだけで深呼吸に繋がります。

ラベンダー精油では「ラベンダー・アングスティフォリア」以外にも、「ラベンダー・レイドバン」「ラベンダー・スーパー」「ラベンダー・グロッソ」など、エステル類を多く含有する精油が複数種類ありますので、お客さんの好みにより選択肢も広がります。

ラベンダー精油は約150種類の芳香成分から構成されています。
経時変化により、次第に酢酸リナリルが感じられ、とても優しい香りになります。

ラベンダー精油は、メインの香りとしても、ブレンドする精油によっては、調和をもたらす香りとしての顔も持ちます。

ここで、お店でも人気のブレンドをご紹介したいと思います。

【アロマコロン(スプレー)の場合】
ラベンダー・アングスティフォリア 5滴
サンダルウッド3滴
カモマイルローマン1滴
ベルガモット6滴
ユズ1滴
ペパーミント1滴
無水エタノール40ml
精製水10ml

こちらのブレンドは、眠りが浅い方に、安眠の効果がありました。

個人的にマイブームは、お風呂に入っている時に、アロマコロンを使うことです。
蒸気とともに香りが広がりやすく、心地よい香りで一日の疲れもすっかり癒すことが出来ます。

【塗布する場合】
ラベンダー・アングスティフォリア3滴
オレンジスィート3滴
ローズウッド3滴
イランイラン(エクストラ)1滴
ファーナス油10ml

このブレンドは、香り以外にも、自律神経の改善に、効果がみられました。

また、ここ2年ほどは、原因不明の湿疹に悩まれる方の多く、湿疹の改善を期待して利用される方もいらっしゃいます。

制作したブレンドオイルは、手首や元・みぞおち、また気になる箇所に塗布して使用して頂きます。
嗅覚からの作用、塗布した場合の作用から、リラックス効果が期待できます。

tk-kota プラナロム精油・一覧

 

にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村


アロマテラピーランキング